ジェネリックのデメリット | 安価に良い医薬品を買おう!ジェネリック医薬品なら通販購入!

ジェネリックのデメリット

「ジェネリックのデメリット」のイメージフォトです。

安く済むし改良も加えられている…となるとジェネリック医薬品を利用しない理由がありませんよね。しかし、そこにはいくつかデメリットもあるので、そこも理解したうえで利用していくかを決めるようにしましょう。

まず、ジェネリック医薬品は「新薬と同等の効能がある」とはいえ、全く同じというわけではありません。安価になっているのは研究や製薬の期間の短縮にあるのですが、それだけが安価にさせる要因ではありません。効能に関わりの無い部分の添加物を変えることで安価を実現させているのです。添加物は身体に影響のないものを使っており、事実医薬品として致命的に効き目が変わるということはありません。しかし、ものが違うというのは、少なからず影響があります。たとえば、浸透率が少し遅くなったり主成分の分解率に違いが出てきたりするのです。気にするほどの影響は無い、とはいえどもこういった違いがあるというのも事実ですので、気になるという人はブランドにこだわるのも良いかもしれません。
また、製薬会社によっては副作用が出やすくなっているとか、コーティングがはがれやすかったり、ボロボロ崩れやすいという現象もあって、飲み辛いという声も実際にあるようです。

こういった違いをしっかりと理解したうえで、ジェネリック医薬品を利用して行くようにしましょう。