ジェネリック医薬品とは? | 安価に良い医薬品を買おう!ジェネリック医薬品なら通販購入!

ジェネリック医薬品とは?

「ジェネリック医薬品とは?」のイメージフォトです。

近年よく耳にすることの多いジェネリック医薬品。聞いたことはあるけど、よくわかってないという人もいるかもしれません。実際、医薬品を使っている…もしくは病院にお世話になっているという状態ではない場合、医薬品自体に触れることというのはなかなかありませんので、知らないという人が居ても不思議はありません。さて、ジェネリック医薬品とは一体どういったものなのでしょうか?

ジェネリック医薬品というのは、簡単に言ってしまうと「新薬と同じ効能のものが安価で利用出来る医薬品」です。ある有名な医薬品があったとして、しかし高くて手が届かない…というとき、発売からしばらく経つとその新薬のジェネリック医薬品が登場します。今まで手が届かなかった欲しかった効能の医薬品が格安で購入することが出来るわけです。ジェネリック医薬品に詳しくはないという人も、「安く買える医薬品」という認識はあった人もいると思います。でも、不思議に思った人もいるのではないでしょうか?なんでそんなことが出来るのか?と。

これはどういうことかというと、ジェネリック医薬品というのは後発医薬品だからです。それに対して新薬というのは先発医薬品といわれています。つまり最初に作るのが新薬、ジェネリック医薬品は後から作るという違いがあるのです。後から作るということは、既に前例があるため簡単に作ることが出来ます。実際、新薬というのは何もないところから作るために9~17年という期間と500億円という費用を必要としています。それに対しジェネリック医薬品は3年と1億円で済むのです。
そのため売値も安価に設定することが出来るのです。
新薬が作られると製薬会社は特許を取得するのですが、特許は一定期間経つと切れるので、そのタイミングで他の製薬会社によってジェネリック医薬品が開発されていくのです。