個人輸入サイトとは? | 安価に良い医薬品を買おう!ジェネリック医薬品なら通販購入!

個人輸入サイトとは?

「個人輸入サイトとは?」のイメージフォトです。

ジェネリック医薬品を購入することが出来れば、今までかかっていた医療費を半額近くまで落とすことも可能です。しかし、じつはジェネリック医薬品の多くは外国に多く、そしてまたその多くが日本ではまだ認可が下りておらず、輸入されていません。このいう薬品さえあれば家計は助かるんだけど…と思っても通常では手に入らないというのが現状です。ドラッグストアやコンビニはもちろん、医療機関でも貰えることはありません。

しかし、個人が使うこと、さらに自己責任で使うのなら…という条件で輸入禁止された医薬品を、合法として手に出来る方法というのがあります。それは「個人輸入」というものです。
個人でなら禁止されている医薬品も手に入れられるのです。ですが、個人で海外の業者と直接やり取りをするということでもあるので、そうなると簡単ではありませんよね。言葉の違いというのもありますが、取引がちゃんと出来るか不安というのもあるでしょう。そこで活用して行きたいのが、個人輸入サイトであり、代行業者です。代行業者に頼れば、そういった難しいやり取りをすべて代わりにやってくれるのです。そのため、通販のように私たちはサイトから欲しい商品をクリックするだけで済むのです。
しかし、頼ってしまうと個人ではなくなるので、法に触れるのでは?と思うかもしれません。しかし、代行業者はあくまでも手続きの代行をするだけであり、業者が買い込んでいる医薬品を売るわけでもなければ、商品の発送は海外の業者がするので問題はないのです。